「すきだ」から「だいじょうぶ」へ

新海氏の作品は良くも悪くも昔から変わらない。

以前も書いた通り、作品を反復開発のように作っていくやり方が氏の特徴で、それは今年公開された「天気の子」でも変わらなかったように思う。ボーイミーツガールであり、青臭い思春期真っ只中の少年少女が彼らのロジックで世界を切り取っていく。「君の名は。」ではどちらからというとややエンタメ方向に振れた感があったけど、00年代美少女ゲームファンがざわついたように、エンタメの一線は保ちつつも、今回はもっと新海氏の濃ゆい汁のようなものが生のまま端々に染み出していた。ともすれば「君の名は。」で取り込んだ観客に拒否反応を抱かせるのではないかと心配するぐらいだ。

だからといって「天気の子」が氏のこれまでの作品の一バリエーションに過ぎないのかというと、それは断固として違うと言いたい。そこには明らかな進化があったと思う。

僕がとても驚いたのはエンディングの後日談の描かれ方があまりに真っ当だったこと。「君の名は。」では、ぼんやりとした過去の記憶から瀧と三葉は運命の再会を果たす。けれども「天気の子」では、過去はぼんやりとしたものではなく、その因果は現実(水没した東京)として目の前に突きつけられている。再会は運命ではなく帆高が選んだ未来そのものだ。彼は島に戻り、きちんと高校を卒業し、東京に大学進学を決めて戻って来たのだ。無論、その間陽菜に会いたい気持ちはずっと持っていたにちがいない。家出で東京に来たときは、お尋ね者になろうが拳銃をぶっ放そうがおかまいなしだった彼だ。でも変わった。東京に来てもなお、会うことを逡巡するのだ。

極め付けは再会を果たして最初に言うセリフ。「だいじょうぶ」。いやはや。「好きだ」「愛してる」「もう二度と離さない」ふたりの関係からすればそんなセリフが飛び出してもよかったかもしれない(いささか陳腐だけど)。でも彼が口にした言葉はもっと大きな意味での愛のことば、存在の肯定だった。あの場面は新海氏が帆高の言葉を借りて映画を見に来た少年少女たちに直接向かって話しているのか、と思えるぐらいのインパクトだった。

パンフレットには新海氏のこんなコメントが載っている。

「仮に『天気の子』が、僕が以前作っていたような単館系で興行される映画であれば、設定は同じでも違うストーリーにしたと思います。作品の優劣とは関係なく、興行のされ方によっても作るべき物語というのは変わってくるんだ、というのが『君の名は。』で僕が得た実感です。」

夏休み映画という大舞台で、友だち同士あるいは恋人同士で映画を見に来た若い世代のひとたちに、いま彼らが一番欲しい言葉を届ける目論見は十分に果たされた、そんなことを感じた映画だった。

 

Little Paddington Railway 第4期工事(その1)

最終工期となる(はずの)第4期は、残されたレイアウトのコーナー部分2か所を工事していきます!

f:id:giovanni_ihatov:20190602170842j:plain

f:id:giovanni_ihatov:20190602170859j:plain

River Side

レイアウト作りでいくつか試してみたかったことのうちのひとつが、水辺を表現する素材を使うこと。透明のアクリルのように見える、アレです。

しかしいまのレイアウトは真っ平なところに線路を引いているので、残念ながら橋+川を表現できる場所がありません(そんなことは考えてなかった)。

そこで今回コーナー部分の1つを使って、情景としての川辺を入れ込んでみることにしました。

まずは小物のストラクチャーとしてNochのLaserCutのカードキットで小屋と桟橋を用意。

f:id:giovanni_ihatov:20190616111033j:plain

Noch 14308 Streckenhäuschen

f:id:giovanni_ihatov:20190616115355j:plain

Noch 14223 Steg

カヌーのフィギュアも合わせて、情景のおおよそのイメージを固めていきます。

第3期工事のときと同じく、実際にストラクチャーを置いてみてあちこちから眺めることで、ぼんやりとした構想を形に落とし込みます。

f:id:giovanni_ihatov:20190616130348j:plain
おおよそ配置が決まったところで地形作り。真っ平な土地に川辺を作るため、線路のカーブに合わせて堤を造成します。

かさ上げが必要なところはスチレンボードを重ね張り、川にするところはベースにしているスチレンボードをカッターで少し削ぎます。写真右奥には周回線路内から伸びる道路の場所も確保しました。

f:id:giovanni_ihatov:20190622212652j:plain
その上から紙粘土で自然な凹凸になるように均し、再びストラクチャーを置いて確認します。

f:id:giovanni_ihatov:20190623081447j:plain
紙粘土が乾いたら、ベースボードから取り外して下地塗り。

f:id:giovanni_ihatov:20190623095000j:plain

地面はいつものとおりWoodland Scenicsのアンダーコートアース。川の部分はタミヤのアクリル塗料で見よう見まねで川岸からグラデーションを付けてみました。

川の色については緑系か青系かで迷ったのですが、レイアウト全体のバランスを考えると青系を入れたいなと思い、多少デフォルメでも青系でまとめてみました。

f:id:giovanni_ihatov:20190623101801j:plain
結果としては「え、ここ海岸...?」みたいな感じにはなりましたが、僕の目には川に見えます...見えるんです、はい。

 この先作業は順番に

  • ターフで地面の緑化および川岸の壁表現
  • シナリーペーパ-で砂利道および小屋まわりの地面の表現
  • バフバラストを使った川岸の砂利の表現
  • 樹木固定

というステップで進めます。

f:id:giovanni_ihatov:20190623115504j:plain

f:id:giovanni_ihatov:20190623132147j:plain

さて、ここからがいよいよメインイベント。KATO(Woodland Scenics)のリアリスティックウォーターの投入です。

f:id:giovanni_ihatov:20190623140110j:plain
作業としては水辺を表現したいところに囲いを作ってボトルから直接液体を流し込む、以上、なのですが、製作中の川辺はベースとなるスチレンボードの端まで続いているのでそのまま流し込むと大洪水...

そこで截ち切り部分にはマスキングテープを使った簡易の囲みで堰き止める作戦でやってみました。

下記が投入直後の写真。

f:id:giovanni_ihatov:20190623170718j:plain
流し込んだ直後はそれほど広がらないのですが、じわじわと広がっていく感じで見た目よりは粘度が低いです。理想的には厚みを1mm程度に抑える必要があるそうですが、今回の場合場所によっては3mm程度の深さになりました。

待つこと24時間。本来は固まっていてもおかしくない時間ですが、やはり厚みがあるせいかまだゼリー状... 

手前部分はやや固まりつつあったので、プラスチックのへらで若干波紋を付けました。

f:id:giovanni_ihatov:20190624215715j:plain

せっかく真っ平になっているきれいな表面に波紋を付けるかどうかは好みがわかれるところですが、個人的には波紋があったほうが乱反射が加わってらしく見えるように思います。

さらに待つこと都合72時間経過。ようやく全面が固まりました。

f:id:giovanni_ihatov:20190626213154j:plain
残念ながら流し込んだ量の1/3ぐらいがマスキングテープの隙間から漏れてしまい、厚みはだいぶ減ってしまいました。立体的な水深の表現は達成できなかったのですが、それでも透明感とキラキラと光る水面の雰囲気はリアリスティックウォーターならでは。

カヌーのフィギュアを乗せるとさらにいい感じです。レイアウトとしても截ち切り部分に川辺を置くことで空間的な広がりも出せたと思います。

f:id:giovanni_ihatov:20190626213942j:plain

 リアリスティックウォーターを使ってみた感想をまとめると以下のような感じ。

  • 値段は高いがそのまま流し込むだけなので使い方は簡単
  • 粘度が低いので囲みはしっかりとする
  • 厚みのある表現は苦手(なかなか固まらない)なので、薄くが基本
  • 川や海の表現では適当に波紋をつけると動きが出る

半量で半額ぐらいになっているともっと手軽に使える気がしますね。

Stone Wall

続いて川岸とは反対側、線路に面した堤の壁を処理します。

f:id:giovanni_ihatov:20190715124235j:plain

壁面の造成には石紛粘土を使ってみることにしました。

f:id:giovanni_ihatov:20190715124309j:plain

DAISOなど100均で手に入ります

石粉粘土は紙粘土に比べて水を含ませなくても柔らかく伸びがあり、扱いやすい印象です。ただ乾燥にはやや時間がかかるでしょうか。

壁沿いに貼り付けて石垣のようなテクスチャを全面に入れます。

f:id:giovanni_ihatov:20190715140737j:plain
線路沿いのストラクチャを作るときには重要なのが走行テスト。仕上げの前に車両の通過に支障がないか確かめます。特にカーブでは車両長の長い車両のはみだしが思った以上に大きくなるため、注意が必要です。

自分が持っている最大の車両長のものはClass 800の26m級。これを限界測定車両として走行テストをします。

youtu.be

問題なく通過することを確認して一旦これで大丈夫だと思ったのですが、乾燥後に再テストするとアウト(;_;)。結局半分以上の壁面を撤去する羽目に。

f:id:giovanni_ihatov:20190720101332j:plain

壁が作れなかったところはコースターフとフォーリッジで覆い隠す感じでなんとか処理しました。堤と線路の間にもうちょっと余裕をもたせられればよかったですね...。

f:id:giovanni_ihatov:20190720141600j:plain

最後にNochの草花をホットボンドで飾り付け。

f:id:giovanni_ihatov:20190812084540j:plain

Noch 7010 Grasbüschel XL “blühend”

f:id:giovanni_ihatov:20190812084634j:plain

Noch 7010 Grasbüschel XL “blühend” + 7016 Grasbüschel “Feldblumen”

ホットボンドも今回初めて使ってみたのですが、木工用ボンドより圧倒的に固定までの時間が短くて済み、なんでもっと早く使わなかったんだーと思いましたね。

Twitterで皆さんが載せられるレイアウトの製作過程がとても役に立ちます。

さていよいよ残すところあと1箇所。次回はトンネル上の町作りを報告したいと思います。(つづく)

Little Paddington Railway 第3期工事(その3)

Station Update

第3期工事の最後として駅の改良についてもいくつか書き留めておこうと思います。

駅前階段

既にその2の記事中の写真に写っていますが、駅の入り口の階段はカードキットの要領をまねて自作しています。ボール紙にインクジェットプリンターで印刷したテクスチャーを貼り、大きさを少しずつ変えて重ねることで紙の厚み分を段差とした階段としています。

f:id:giovanni_ihatov:20190114124831j:plain

f:id:giovanni_ihatov:20190114124945j:plain
階段両脇の壁は擁壁のカードキットの余りを流用。後ろの駅舎と色味があってなかなかいい感じに作れたと思います。

跨線橋

駅に立体的なアクセントが欲しかったのと、ScaleScenesというダウンロードベースのカードキットを一度作ってみたくて導入。

ちなみにダウンロードベースというのは、お金を払うとカードキットの部品と説明書が入ったPDFファイルがダウンロードできるようになっていて、それを自分でプリンタで印刷して作るというものです。つまり1つ買えばいくらでも量産できるというスグレモノ。同じものを大量に作るような場合においてはお安く作れるメリットがあります。もちろん部品は自分で用意する必要がありますが。

f:id:giovanni_ihatov:20190127141739j:plain

ケント紙に印刷した状態。部品によってはこのあと厚紙に貼って使用する。

f:id:giovanni_ihatov:20190127153921j:plain

組み立てはカードキットと同じ。

f:id:giovanni_ihatov:20190202122456j:plain

窓は自分で透明フィルムを用意する(OHPのフィルムを使用)。


今回は説明書そのまま作ったのではなく、レイアウトに合わせて跨線橋の長さを伸ばしてみました。またもともとは1つしかなかった窓も部品を増やすことで3つの窓にしたりと、わりと自由に作れるのも特徴です(失敗してもまた印刷すればよい)。

f:id:giovanni_ihatov:20190202204419j:plain

キットそのままだと窓は1つ。ただ跨線橋を長くした分バランスが悪い。

f:id:giovanni_ihatov:20190203214214j:plain

窓を3つに。

部品の精度がやはり市販のカードキットほどには出ない(特に紙の厚みの調整は難しい)のと、部品を作るのは大変に時間がかかるので、時間があって工作好きなひと向けとも言えます。最終的にはLED照明もいれていい感じになりました。

f:id:giovanni_ihatov:20190302202439j:plain

ホームベンチ

これまたMetcalfeのカードキットです。GWR仕様。

f:id:giovanni_ihatov:20190506082554j:plain

部品はレーザーカットで非常によくできていましたが、何せ小さい!ピンセットとつまようじ(ボンド塗布用)を駆使して、人生でもっとも細かい作業をした気がします。

f:id:giovanni_ihatov:20190506103709j:plain

f:id:giovanni_ihatov:20190506160459j:plain

素組ですが、そのままでレイアウトにマッチしました。

f:id:giovanni_ihatov:20190506162848j:plain

ホーム端

跨線橋と同じくScaleSceneで売っていたプラットフォームのキットから、ホームの白線部分のテクスチャーだけを借りて印刷したものを貼ってお化粧直ししました。
f:id:giovanni_ihatov:20190506163023j:plain

ここまでくると駅名票の看板が欲しいですね。

(おしまい)

Little Paddington Railway 第3期工事(その2)

Station Square

いよいよ第3期工事のメインとなる駅前広場を作っていきます。

なぜそこに駅があるのか

ここまでのレイアウトでは駅や車庫、線路沿いといった鉄道に関係する情景を作ればよかったので特に悩むことはなかったのですが、何もない駅前の土地をどのような情景にするかは正直かなり悩みました。いったいこの駅はなぜこの場所にこの形で存在するのか。存在理由あるいは物語が必要でした。

f:id:giovanni_ihatov:20190317080734j:plain

まだ、何もない場所。

駅がここにあるのは... この駅を利用するひとたちの町、おそらく小さな町がある。町はこのレイアウトの外、駅の後ろにある擁壁の向こうに側にあって、お客さんは徒歩、あるいは車やバスでやってくる。その町に荷物を運ぶために貨物ヤードにはトラックが出入りするだろう。この駅と町は道路でつながっている。

そんな妄想をベースに組み立てを考えました。

  • 駅と町をつなぐ道路
  • 貨物ヤードに続く出入り口
  • 車を停めることができる駅前のロータリー
  • 駅に来たひとが少し休んだりくつろげるようなカフェ
  • 駅前の広場とメモリアル

これが決まれば、これらの要素を構成するのにふさわしいストラクチャーを準備します。欧州型であればFallerKibriといったメーカー/ブランドから豊富なストラクチャーが出ていますが、それでは英国の田舎町の再現にはなりません。(ならないのです... 大事なことなので二度言いました)他の国と同じく英国の鉄道には独特のテイストがありますが、街並みを作るストラクチャーでも同じことが言えると思います。

今回実際に使用した英国のメーカーをいくつか紹介します。

そうして用意したストラクチャーを仮置きしながら何度か配置を検討します。一度決めると途中で変更は難しくなるので、配置の検討には十分時間を使いました。

f:id:giovanni_ihatov:20190302190014j:plain

これは検討中のもの。最終系とはまったくちがう。

これでいこうと決まったらベースボードにレイアウトを書き入れて構築開始です。
まずはボール紙で周回線路から駅前に伸びる舗装道路を作ります。貨物ヤードの一部も舗装で覆い、直接車が乗り入れられるような形にします。

f:id:giovanni_ihatov:20190317141908j:plain

道路の塗装はTAMIYAの情景テクスチャーペイント(路面 ダークグレイ)で仕上げました。

f:id:giovanni_ihatov:20190321124913j:plain

ボール紙は加工性はよいのですが、どうしても反りが生じるためスチレンボードなどを使ったほうがよかったかもしれないですね。

次にヤード周辺および線路沿いの地形造成を行います。紙粘土で堤を形作ったのちに、必要なところにプラ製の線路柵を挿しておきます。

f:id:giovanni_ihatov:20190321153858j:plain

乾燥後、KATO(WoodlandScenics)のアンダーコートアース(茶褐色)で塗装。

f:id:giovanni_ihatov:20190324085813j:plain

その上からターフを撒いて下地を整えつつClimbing Vineという蔓状の草花をのせてボリューム感を出しました。

f:id:giovanni_ihatov:20190407114215j:plain

f:id:giovanni_ihatov:20190407114244j:plain

駅前の広場部分はタイル張りにすべく、Metcalfeから出ている歩道用のペーパータイルを敷き詰めました。

f:id:giovanni_ihatov:20190324085634j:plain

こんな感じで1枚1枚貼っていきます。

f:id:giovanni_ihatov:20190324113455j:plain

きれいに敷き詰めるのに2時間ぐらいかかりました。

ほんとに1枚1枚タイルを貼るキットだったので、これぐらいのスペースを埋めるのにも結構骨が折れました。きっともう少し楽なアイテムがあったはずですが、意図通りの雰囲気は出せた、と信じたいところです。

そして樹木。Woodland Scenicsの樹木に加えて、大きな樹木はNochのものを使いました。

f:id:giovanni_ihatov:20190112201607j:plain

ホビーセンターカトー東京でも入手可能です。

個人的には大型樹木はNochのほうがWoodland Scenicsのものより見た目の質がよいと思います。スケールからするとかなり大きな樹木なのですが、見た目の空間を仕切る意味であえて大きなものを配置しています。

f:id:giovanni_ihatov:20190407154149j:plain

また広場の周り、カフェの裏庭などの草地には紫陽花やバラなどの花を入れてアクセントをつけました。

f:id:giovanni_ihatov:20190519095744j:plain

f:id:giovanni_ihatov:20190519095758j:plain

f:id:giovanni_ihatov:20190519095704j:plain

カフェの裏庭との仕切りにはNochの生垣を使用。踏切のキットで余った扉柵を使って出入り口を作ることで雰囲気を出せたかと思います。

f:id:giovanni_ihatov:20190415141105j:plain

こちらが完成写真。

f:id:giovanni_ihatov:20190415141453j:plain

f:id:giovanni_ihatov:20190415141743j:plain

f:id:giovanni_ihatov:20190506162929j:plain

こうやって書いてしまうと、何か最初から設計図があって一直線に作ったように見えるのですが、ホントに試行錯誤の連続でした。レイアウト検討中の写真にあるようにカフェのほかに小さな宿の建物も作ったのですが結局使わなかったりとか、逆に大きな樹木は最初は2本のつもりが4本になり最終的には5本と増えていったりとか。お手本になるものがあったわけではないので、作っている時間より構想している時間のほうがはるかに長かったです。ですが、おかげでイメージに近いもの、いまの自分の力量は作れる精一杯のものが仕上がったと思います。

次はここにどんな人形や車を置こうか、とまだまだ物語の妄想は続きます。

(つづく)

英鉄模型雑誌

英国型の鉄道模型を始めるにあたっての情報は、ほとんどWebで集めました。Hornby, BachmannといったメーカーやHattonsのような大手リセラーのウェブサイトはもちろんのこと、英国の鉄道模型EnthusiastがYouTubeにアップロードする膨大なビデオクリップは鉄道模型が「動く」ものであるだけに非常に助けられました(沼に引きずり込まれたとも言えますが...)。特に個人チャネルの

あたりは、具体的なレイアウトの作り方だけでなく、鉄道模型の楽しみ方のお手本として参考にさせてもらっています。

ただWebでの情報集めは検索ベースになるので、どうしても自分のお気に入り(OO Scale、GWR主体)に偏る傾向があります。英国の鉄道模型コミュニティではどういうひとがどんなことをやっているのか、そのカルチャーをもっと俯瞰的に見たい。そのために英国の鉄道模型雑誌を購読してみることにしました。

一口に英国の鉄道模型雑誌(月刊誌)と言っても当然一誌ではなく、複数の会社から出版されているので、まず自分に合う雑誌を探す必要があります。これが国内のものであれば書店店頭で中身を見て比較して...ということができるのですが、もちろんそこらで売ってるわけはないので、海外通販してくれるメジャーな3誌を順にお試し購入してみました。

f:id:giovanni_ihatov:20190414211848j:plain

※価格はいずれも日本までPrint Versionを発送する場合の送料込み

各誌内容に大きな差があるわけではないのですが、HORNBY MAGAZINEはどちらかというと新製品の車両レビューが主体、残り2誌はレイアウト製作レビューが主体という感じでした。

特によかった記事を2つほどピックアップ。1つはHORNBY MAGAZINE November 2018より、N ScaleでWCMLをfeatureした巨大なレイアウトを作っておられる方の記事。

f:id:giovanni_ihatov:20190421092621j:plain

f:id:giovanni_ihatov:20190421092553j:plain

英国ではOO Scaleがメインストリームなわけですが、こうしてN Scaleできっちりレイアウトを仕上げていらしゃる方もいるのに幅広さを感じます。確かに大きな駅構内を再現するにはOO Scaleよりも場所の面で有利です。別の記事で「N Scaleの品質が近年とても向上したので...」ともあったので、目的に合わせてN Scaleを選択するということがあるのでしょう。

もう1つはRailway Modeller March 2019より、昨年英国Channel 5のテレビ番組として放映された「The Great Model Railway Challenge」の優勝チーム「Aberdeen Model Railway Club」のファイナルでのレイアウト製作のドキュメンタリー記事。

f:id:giovanni_ihatov:20190421082514j:plain

Blade RunnerとReady Player Oneから着想を得た近未来SFをFeatureした空中を走る鉄道模型には「こんなのもアリなんだ」と強い印象に残っています。

またこうした記事の他にも、巻頭、巻末にある広告ページもまた面白いです。Webではあまり見つけられない英国内の小さなお店やクラブ、イベントの案内などカルチャーを感じるにはもってこいです。

例えば切符コレクトショップの広告。

f:id:giovanni_ihatov:20190421082437j:plain

O Scale mk1 coachの広告(日本の真鍮製16番ぐらいのお値段で買える)。

f:id:giovanni_ihatov:20190421082845j:plain

もちろん小さな広告も。

f:id:giovanni_ihatov:20190421092708j:plain

Railway Modellerでは巻末ページに広告のお店がどこにあるか地図でわかるようになっていました。これは非常にいいアイディアだと思います。

f:id:giovanni_ihatov:20190421082921j:plain

個人的にはどの雑誌も好奇心を満たしてくれるには十分なのですが、どちらかというとレイアウト製作の方が興味があるので、BRMとRailway Modellerを比較して自分にあっているRailway Modellerの方を定期購読することにしました。Webで登録すると、早速PECO Publishingから「登録ありがとう」の手紙が。

f:id:giovanni_ihatov:20190421103052j:plain

もちろんメールでも返信は来ているわけですが、こうして実際に手紙として受け取るとなんだかうれしいですね。また面白そうな記事があったら取り上げたいと思います。

Little Paddington Railway 第3期工事(その1)

Track Update

昨年3月から進めてきたレイアウト製作も後半戦です。ここしばらくの作業をまずは線路周りから。

ポイント交換

周回線路上にあったKATOのユニトラックのポイント。HornbyのMk3客車と相性が悪いようで、ポイントが転換位置で通過する際にしばしば複線ドリフト状態が発生するようになりました。本来トングレールに乗るべき車輪が、ストックレールとトングレールの隙間にフランジが入ってしまうおかげでそのまま直進側に進んでしまうことが起きていました。スロースピードだと問題が起きにくいのですが、スピードを上げると顕著になります。

f:id:giovanni_ihatov:20181226150726j:plain

他の車両は問題なく通過できているので、ストックレールとトングレールの密着に問題があるわけではないと思うのですが、ユニトラックのポイントはスプリングポイントでトングレールが完全には固定されていないので、フランジがトングレールにあたるとトングレールが動いて密着が離れてしまう可能性はありそうです。

ちょうどホビーセンターカトーでも入手可能になったこともあり、PECOのポイントへ交換することにしました。

下が作業前の状態。右側のポイントを交換します。

f:id:giovanni_ihatov:20181226150725j:plain

まずはバラストを濡らして柔らかくし、既設のポイントを掘り起こします。

f:id:giovanni_ihatov:20181226161934j:plain

PECOのポイントはStrack(Code 100)ST-240。2nd Rarius(R=438mm)の右開きポイントです。

f:id:giovanni_ihatov:20181226153007j:plain

KATOのポイントに比べてポイントの直線部分が短いので、余っているユニトラックの直線線路を適当な長さに切って調整しはめ込みます。

f:id:giovanni_ihatov:20181226170329j:plain

コルクで道床をひきバラストを撒きなおします。

f:id:giovanni_ihatov:20181229150543j:plain

以前はおっかなびっくり作業していたレールへの加工(非選択化、長さの調整)も、最近は躊躇なく行えるようなりました。ユニトラックですら「長さが合わなければ適当な長さに切って使えばいいじゃないの」という感覚に。異なるメーカ(KATO⇔PECO)、異なるコード(Code 83⇔Code 100)の接続も問題なくできてます。

ただ固定式レイアウトで切った貼ったをするならそもそも全部PECOにしたほうが簡単だったなぁとは思います...やってみないとわからないことはいっぱいありますね。

小さな貨物ヤード

さて周回線路内、車庫からリバース線を挟んで反対側には線路は敷かずに駅前広場とちょっとした町を作ろうと思っていました。ただこの狭いレイアウト、リアリティは二の次なのでどうせなら目いっぱい線路を敷いてみようと小さな貨物ヤードを作ることにしました。

f:id:giovanni_ihatov:20190407141210p:plain

まずは先ほど掘り起こしたポイントの直線部分を切り詰めて

f:id:giovanni_ihatov:20190113170103j:plain

レイアウト中央を横切るリバース線に組み込んで貨物ヤードへの入り口を作ります。

f:id:giovanni_ihatov:20190310124805j:plain

その先はPECOの線路。ここでは是非とも使ってみたかった

  • フレキシブル線路 (SL-100)
  • Y字ポイント (ST-247)

を組み入れました。

f:id:giovanni_ihatov:20181212235134j:plain

 ストラクチャーとしてはHornbyから出た屋根付きの貨物ホーム

 

f:id:giovanni_ihatov:20190112201649j:plain

と、Oxford RailのGoods Shedを導入(予定)。

 

f:id:giovanni_ihatov:20190225111245j:plain

Goods Shedは昨年から製品リストには載っているのですが、一向に発売される気配がないので、ひとまずWeb Siteにあったfootprintと同じ大きさの紙を用意して線路の位置決めだけを行いました。

 

f:id:giovanni_ihatov:20190113175258j:plain

ポイント以外はすべてフレキシブルレールをカットして使用。だいたい直線でフレキシブルレールが必要なほどの微妙なカーブはないのですが、レイアウトに合わせて長さを自由に切って使っていけるので、ぴったり収まるし経済的です。なんでこれをもっと早く知らなかったのだー、とまた一つ学びがありました。

その名の通り「小さな」貨物ヤードで、各線ともShunterと2軸貨車が2, 3両程度入るスペースしかないですが、うちのレイアウトで長大な貨物列車を走らせることはないので、これはこれで情景的には面白くなるかなと思います。

(つづく)

Little Paddington Railway - 2018まとめ

何をどこでどれだけ買ったのか

2018年3月1日に開業したLittle Paddington Railway。鉄道模型を始めて(正確に言うと何十年ぶりかに再開して)まだ1年も満たないですが、年末ということで会計の振り返りなど。

買ったものはその都度Google Sheetに記録しているので、ここまでの集計を出してみました。まずはカテゴリ別(金額ベース)。

f:id:giovanni_ihatov:20181229165410p:plain

LPR CY2018 カテゴリ別

最初の年なので、ベースボードを準備するところから始めて線路やストラクチャー、コントローラなどの制御機器など車両以外のものに結構支出した気がするのですが、結果的には金額ベースだと6割近くが車両に。車両は結構単価が高くても買っちゃうところがあります(汗。しかしレイアウト作りも楽しいので、バランスを考えながら投資したいところです。

さて次に購入先別(金額ベース)。

f:id:giovanni_ihatov:20181229170627p:plain

LPR CY2018 購入先別

予想通りHattons Model Railwayとその他大勢という感じでした。中古を含めて国内で英国型を置いている店は限られるので、今後もHattonsにお願いすることは続きそうです。

ホビーセンターカトー東京もレイアウト用品(Woodland ScenicsやNOCH)の取り扱いが充実したりPECOの線路を置くようになったりと、ちょっとしたものを買える場所として引き続き期待しています。

過去10年ぐらいの変遷が見られるようになると何か歴史が見えたりするかもしれません。記録は引き続き続けたいと思います。

最後に今年の記録をビデオクリップにまとめましたので、お時間があれば御覧ください。それではよいお年を。

youtu.be