ハフ2887の室内灯と尾灯

「ハ1005」に続いて製品化された1/80鐵道院二軸客車シリーズの「ハフ2887」の室内灯および尾灯の工作メモをまとめておきます。

室内灯組み込み

基本的には「ハ1005」と同じくHornby MAGLIGHTを組み込みました。

まずは電池ケースを隠すための室内装飾を作ります。「ハフ2887」では「ハ1005」と異なり、中央に通路があるタイプの座席配置だったようです。

電池を隠すという目的上、忠実なモデリングはできないので、なんとなく窓から見て雰囲気を感じられる程度のものを目指します。まずは座面として、プラ板でざっくりカットしたものを両端で支えます。

この下に電池ケースが収まります。配線がちゃんと引き出せることも確認。

んでもって車掌区画がどうなっていたかというと、一応客室とは壁で仕切られていたようです。

なので、車掌区画の窓位置に合うように仕切り壁を立てます。

実際に組み込んでみて位置を確認。

で、さっくり塗装します。座面の色は「ハ1005」のときと同じく、Mr.カラー C7ブラウンを使いました。それ以外は、室内壁と同じMr.カラーC44タンで合わせます。

室内装飾が準備できたら、MAGLIGHT LEDテープをBlack Tackを使って天井に貼り付けます。4灯のうち1灯は潰して、使うのは3灯。車掌区画は、見た目にアクセントをつけたくて黄色っぽい色になるようにしてみました(特に根拠はない...)。

座席をはめ込んで、電池ケースを載せます。

点灯試験。なんとなく雰囲気は出せているでしょうか。車掌区画だけ少し色が違うのがわかると思います。

尾灯組み込み

で、本来であればここまででメデタシメデタシというところなのですが、このハフ2887は緩急車で、編成の最後尾(あるいは最前)に連結されることが多い、つまりこのままだとあれが足りないのです。そう、尾灯。

この当時の尾灯がどんなふうになってたか、IORIさんの「百年列車」という漫画にも描かれています。赤矢印に示された側面左右上部と妻面左下の三箇所です。

電源はMAGLIGHTの基板から取ることにして、DCC ConceptsのGuard Van Lampを使って尾灯を追加してみることにしました。

ピンバイスで穴を開けて配線を室内に通し、ゴム系接着剤でLampを固定します。配線は電流制限用の抵抗を載せた基板でまとめます。

んでもって、再び座席をはめて電池ケースと基板を収めます。

こんな感じで出来ました!

やはり尾灯があると、レイアウトで走らせたときの雰囲気が格段に上がるので、いいですね。

ホハフも是非チャレンジしてみたいものです。

OO9レイアウト製作記・第2回「とりあえず走らせる」

さて、OO9レイアウト製作、次の工程は製作したベースボードに線路を敷いていくことになるわけですが、今回のレイアウトでは本線上に橋梁を組み込みたいので、ベースボード上に直に敷くのではなく、嵩上げしたスチレンボードを基準面として、その上に線路を敷くという段取りを考えていました。

したがって、線路を敷けるようになるまでには、

  • 橋梁その他本線上の構造物の製作
  • 嵩上げ工事

を済ませる必要があります。これをやっているとおそらく夏休みぐらいまではかかりそうで、それまで走らせるのはお預けというのはなんともツライ。こんなふうに早く線路を敷いて列車を走らせたいところです。

もう一つレイアウトを作ればいいのでは

だったら、とりあえず線路を引いて走らせるだけのレイアウトをさくっと作ればいいのでは、と思い至り、「とりあえず走らせるレイアウト」の製作にとりかかることにしました。

棚板をカットしてもらったときに余ったベニヤ板がちょうどいい感じのサイズ(588mm x 915mm)だったので、角材でぐるりと枠をつけ、新しく簡易なベースボードを仕立てました。

せっかくなので、ペンキでグレイに塗装します。

こんな感じに仕上がりました。余りもので作ったにしては、いい感じになりました。

改めてRailModeller Proでベースボードのサイズに合わせて配線図を描き、実物大の大きさで印刷してつなぎ合わせたものを作ります。これをベースボードの上に載せて四隅をテープで固定し、カーボンペーパーを下敷きにして線路をなぞって転写します。

こんな感じで描けました。

追加資材をHattonsに注文しつつ、GW休みに合わせていよいよ線路敷設開始です。

レイアウト手前右側にあるポイントをスタート地点とし、給電用のワイヤーをこのポイントのジョイナーに半田付けします。

1.5mm径のドリルでさっくり穴を開けてワイヤーを通します。

線路はピンで固定していきます。0.5mm径のピンバイスで穴あけをし、ピンを押し込みます。少々力が要りますが、ベニヤ板の厚さが4mmなので、なんとか押し込めました(ちなみに0.7mm径のピンバイスで穴開けするとゆるゆる)。

待避線部分が完成。

本線を延ばしていきます。ピンは、だいたい枕木4本おき。

1周つながりました。実際に車両を走らせて、スムーズに走行できるか何度も確認します。特に線路の接続部分、S字カーブ部分は不自然になりがちで、その不自然さに車両は敏感に反応します。

おかしいところは、ピンを一旦引き抜いて調整し、ピンを打ち直すの繰り返し。実際、敷くのと同じぐらい(あるいはそれ以上に)調整に時間がかかりました。

調整を進めると、最初に転写した図面からずれてくるので、TRACKSETTAを使って最小曲線半径(228mm)を確認します。転写した図面通りに敷けば問題ないので要らなかったかもと思いましたが、結果的には役に経ちました。

さて裏面の処理です。無数のピンがベニヤ板を貫通している状態。

まず給電の配線。パネル取り付けの2.1mm DCジャックを利用して、台枠の外に逃します。

端子台のついたDCプラグを使えば、なんでも繋げられるというわけです。

飛び出たピンをカットして、裏面は完了。

線路周りも整えていきます。ヤードの線路端に車止めを設置。

枕木が欠けてしまったジョイナー部分も、余った枕木で補修。

というわけで、これにて線路敷設完了です!

早速、車両を並べてみます。待避線、ヤードの長さも十分でした。

「とりあえず走らせるレイアウト」としては完成となるのですが、当然これで終わらせるのはもったない。もうしばらくこのレイアウトで遊んでみようと思います。

(つづく)







 

OO9レイアウト製作記・第1回「ベースボードの製作」

というわけで、今年のメインプロジェクトの1つであるOO9レイアウト製作をぼちぼちと記録していこうと思います。

何度も書いてますが、事の始まりはこれ。

Narrow Gaugeとはいえ、このサイズ(910x652)でOO Scaleの完全なる英国型レイアウト、しかもエンドレスで走れることがまず驚きでした。もちろん製作された方の技量に依るところが大きいのだとは思いますが、事実目の前にあるのですから、自分でもやってやれないことはない。いや是非ともやってみたいと思い、少しずつ構想を温め始めました。

参考のためにと、Web上でOO9レイアウトを拾っていくと、なんと日本でもOO9レイアウトを作っているひとがいる!しかも丁寧な製作記録まである!あれ、でもこのレイアウトどこかで見たことあるような... と探し当てたページは、なんとそのKATOのデモレイアウトを作った方(たいやきやいた氏)の製作記録だったのでした。

めちゃくちゃ丁寧に記録されているので、これほど心強いもいのはない。有り難く、今回のレイアウト製作の教科書とすることにしました(以降、OO9レイアウト製作記では氏のブログ記事を教科書と記すことにします)。

それでは、いよいよ長い旅の始まりです。

ベースボードの選定

今レイアウトを置いてある部屋に、新たに確保した場所は1200 x 800。最初は木枠とベニヤでスクラッチで作ろうかとも思ったのですが、教科書では画材屋で売っている木製パネルを利用していました。

試しに世界堂のページを見てみると、AB判を中心にシナベニヤを張った木製パネルが揃っています。価格もスクラッチで作る場合に比べてもそれほど高くなさそうです。

f:id:giovanni_ihatov:20220326195315p:plain

一番大きい木製パネルはB1サイズ(1030 x 728)。確保した場所より一回り小さいサイズになりますが、取り回しを考えると若干余裕があった方がいいのも事実。最終的には現物を見て決めようと思い、新宿本店に電話して在庫を確認のうえ突撃を敢行。無事お持ち帰りとなりました。

f:id:giovanni_ihatov:20220305212615j:plain

脚を作る

さて、ベースボードが決まったので、お次は脚です。現レイアウトの脚は矢崎化工のイレクターで組んでいますが、非常に満足度が高いです。

f:id:giovanni_ihatov:20190406143622j:plain

f:id:giovanni_ihatov:20190415154904j:plain
f:id:giovanni_ihatov:20190415153946j:plain
  • 生産現場でも使われているぐらい頑丈
  • キャスター付きで移動可能
  • 棚板を載せて収納としても利用

なので、今回も同様にイレクターで足を組み上げることにしました。

矢崎化工の公式ショップでは、パイプをmm単位で正確にカットしたものを発注することができます。木製パネルの木枠にぴったりとはまるようなサイズ指定で発注。5日ほどで送られてきました。

f:id:giovanni_ihatov:20220320134818j:plain

既にサイズに合わせてカット済みなので、組み立てはパイプとジョイントを繋いで、専用の接着液で固定していくだけ。2時間とかからずに組み上げることができました。

f:id:giovanni_ihatov:20220320155050j:plain
f:id:giovanni_ihatov:20220320170810j:plain

ベースボード下には棚板受けを付け、近所のホームセンターでシナベニヤをサイズにカットしてもらったものを載せれば、収納棚の出来上がりです。

f:id:giovanni_ihatov:20220320172100j:plain
f:id:giovanni_ihatov:20220326202207j:plain

ベースボードに若干の補強を加えて、ひとまずこれで土台が完成しました。

f:id:giovanni_ihatov:20220326202426j:plain
f:id:giovanni_ihatov:20220326202351j:plain

(つづく)

Dapol GWR Large Prairie

今年2台目の機関車は、DapolのGWR Large Prairieです。

製品発表から3年の歳月が経ち、途中行方不明になりつつも、昨年末についに発売。DCC Ready版が先行して出荷されていましたが、年が明けてようやくDCC Sound版が届きました。

f:id:giovanni_ihatov:20220305180009j:plain

用意された7種類の仕様のうち、最晩年(ERA 5)にあたるBR Lined Green with Late Crestを選択。ダイキャストとプラスチックをうまく組み合わせて作られたボディは緻密さと重量感を兼ね備えており、足回りも美しいです。

f:id:giovanni_ihatov:20220305180356j:plain
f:id:giovanni_ihatov:20220305180234j:plain

またDCC対応については、煙室にDCCデコーダーおよびスピーカー収めるべく、あらかじめスピーカーの付いた専用の基板が用意されており、Next18ソケットにDCCデコーダーを挿せば何の問題もなくDCC化できる設計になっています。また煙室扉を外せば、ボディを外さなくとも基板を引き抜いてデコーダーを取り付けられるようになっており、他の英国鉄道模型メーカーにはない先進的な取り組みがなされていると言えます。

f:id:giovanni_ihatov:20220220222553j:plain
f:id:giovanni_ihatov:20220226085953j:plain
(写真左)ボディをはずしたところ (写真右)Next18ソケット部
f:id:giovanni_ihatov:20220226091417j:plain
f:id:giovanni_ihatov:20220226091428j:plain
f:id:giovanni_ihatov:20220220162937j:plain
(写真左)専用基板(表面) (写真中)専用基板(裏面) (写真右)煙室扉をはずしたところ  

本当に申し分なくお手軽に遊べると思っていたのですが... ここからが苦労の始まりでした。DCC Soundで最も気を使うべき集電性能がいまいちだったのです。十分にメンテナンスされた線路では問題ないと思うのですが、うちのレイアウトのようにinsulfrogのポイントを使っている場合、どうしても無電区間が多くなり、ポイント通過時にしばしば立ち往生が発生します。特に低速時は完全に止まってしまう有様。これではとても運用に入れません。

Stay Alive回路の追加→不発

集電不良への対応としてまず考えられるのが Stay Alive 回路(コンデンサ)を付けること。幸いDCCデコーダーの素性はZimoのMX658N18とわかっているので、デコーダーにStay Alive用のPadはないですが、VCCとGNDに接続すれば機能するはずです。が、前述した専用基板からVCCやGNDを引き出すことができなさそうなのです(参考[youchoos.co.uk])。

しょうがない... きれいに設計された専用基板を、泣く泣く代替のNext18ソケット基板で置き換えることにしました。

Desktop Stationさんで扱っているAYAさんのところの基板を調達。これに配線をつなぎなおします。またスピーカーとStay Alive回路接続用の配線もあらかじめ出しておきます。

f:id:giovanni_ihatov:20220226120026j:plain
f:id:giovanni_ihatov:20220226114850j:plain
(写真左上)AYAさんとこ (写真左下)Lais DCC (写真右)結線状態

まずは安価なLais DCCデコーダーを使って動作確認。

本当はこのあとFirebox Flickerの配線(3本)をする必要があるのですが、密集した小さなPadにトラブルなく接続できる自信がなく、そこはヒヨって撤退。

というわけで、これで準備OK。もともとのデコーダーに入れ替えてテストを始めましたのですが。線路電源をカットするとサウンドは動いてくれるのですが、モーターは即停止してしまうようです。コンデンサ容量の問題かな?と思って、試しに大容量のものに入れ替えて試してみたのですが、結果は同じ。サウンドは鳴るのになぜ... 結果的にはStay Alive回路追加の作戦は不発に終わりました。。。

集電シューの追加→正解

となれば、やはり集電をなんとかするしかない!

Prairieの軸配置は 2-6-2 。既に集電シューが付いている動輪の6輪以外、すなわち前後の先輪または従輪のどちらかから集電できれば、かなりいい補助になりそうです。集電シューには、Brake VanへのLampの取り付けで使ったDCC ConceptsのWiper Pickupに再登場してもらいました。

f:id:giovanni_ihatov:20220304230941j:plain
f:id:giovanni_ihatov:20220304224049j:plain
f:id:giovanni_ihatov:20220304230948j:plain

輪径の大きい従輪にWiper Pickupを取り付け、既存の集電板から燐青銅板で新たに設置した接点を経由して配線を伸ばします。見た目も問題なさそうです。

f:id:giovanni_ihatov:20220305165014j:plain
f:id:giovanni_ihatov:20220305165140j:plain

レイアウトでのテスト走行結果も良好。立ち往生していた低速でのポイント通過もなんなくクリアしました。

んー、ということは。何も基板を置き換える必要はなかったということですね... (あの苦労はナンダッタンダ... )Firebox Flickerを撤去してしまったのはイタイですが、スピーカーはひとまわり大きい15x11mmに置き換えられたし、走りは問題なくなったのでヨシとしましょう。

 

 

「アニクリvol.12」「ラブコメ・ヌーヴェルヴァーグ」論を読んで

買ったままそのままになっていた「アニクリvol.12」を少し読む。冒頭のてらまっとさんの「ラブコメヌーヴェルヴァーグ」論と、その後のコメントを大変面白く読ませていただいた。

特にはっとしたのは、てらまっとさんからコメンテーター&対談者への返答で『「自由で自律的な個人」がフィクションであることを前提に、それでも人々がそのような個人であるかのように振舞うことを可能にする、ある種の「装置」について考えなけければいけない』とされていたところ。

自分語りになってしまって恐縮だが、自分の子どもが生まれたあたりに、奥さんからヴァルドルフ教育についての子安美知子の著書「ミュンヘンの小学生」を紹介され、「自由な教育」ではなく「自由“への”教育」に大変感銘を受けた。

その後、ヴァルドルフ教育を掲げる幼稚園に子どもを入れ、小学校こそ普通の学校に通っていた(日本だとそもそもヴァルドルフ学校自体非常に少ない)ものの、地元の保護者有志とヴァルドルフ教育を志す先生で運営していた土曜学校にも携わったりして、とてもよい経験と学びがあった。なので、「装置」という意味では、「教育」あるいはそれを成す「学校」の持つ力の重要性に大変深い思いを抱いている。

閑話休題

ここで述べられている「ケア」の話、そして「依存」の話については、小川公代氏の「ケアの理論とエンパワメント」から引かれている「従来のリベラリズム的な『正義の理論』の前提となる『自由で自律的な個人』を相対化し、そこからこぼれおちる病人や老人、障害者などの他者に依存した生のあり方に注目している」ところには、確かになるほどと思うところなのではあるのだけど、その上で「自律/自立した『強い』自己を暗黙の前提とするのではなく、互いに依存し合う『弱い』自己を包摂するような社会へと、いわば『ダウングレード』していくべきではないか」と、“強弱”の関係とされているところはやや違和感を感じてしまった。

もちろん「自由“への”教育」が必要なように、「自由で自律的な個人」は自然発生的に成しうるものではなく、ある種終わりなき不断の努力を要するものである。その点においては「『自由で自律的な個人』という近代の輝かしい存在が、いかにフィクショナルな存在なのか」という認識も現実を捉えてはいると思う。しかしだからといって、強者は「自由で自律的な個人」を獲得し、そこに至れない弱者はケアにて補うべきであるというのは、必要なRemediationではあるけども、一方でその状態の固定化に加担してしまう危険性もあるのではないかと思う。本質的には「自由で自律的な個人」として振る舞えない障害を「他者」が取り除くことではないだろうか。

ただ後段で触れられているように「『自由で自律的な個人』なる存在は、逆説的に、より多くの依存=ケアがあって初めて成立しうるのです」というのは大いに納得するところで、フィクションによる効用を決して否定するものではなく、非人間による「ケア」は、むしろヴァルドルフ教育でいうところのお話や見立て遊びなど、よりEducationalな側面を持つものとしても捉えられると思う。「スイングバイ」と表現されている、まさに心の跳躍こそがフィクションの持つ力であり、生きていく糧に値するものであろう。

いずれにせよ、今回の「ラブコメヌーヴェルヴァーグ」論は、批評のフレームとしていろんな議論が期待できる面白いネタではあるので、続く寄稿を楽しみに待ちたい。

Heljan Class 33

 というわけで、Llancot Railway 2022計画で紹介したDiesel Engine Yearの第一弾、Heljan Class 33がやってきました。

f:id:giovanni_ihatov:20220120234933j:plain

Llancot Railway現所有のディーゼル機関車

  • Class 08 (C)
  • Class 37 (Co-Co) x2
  • Class 47 (Co-Co)
  • Class 66 (Co-Co)

となっていて、今回のClass 33が初のBo-Boになります。

Class33は、正面がフラットではなく弧を描くようなで丸っこい形をしていて、特徴的な三枚窓と合わせてBo-Boの中でもお気に入りの形式でした。さてどの塗装にしようかしら、と考えていたところに飛び込んできたのがこのニュース。

West Coast Railwaysは、現役TOC(Train Operator Company - 列車運行会社)のひとつで、保存蒸機やディーゼルおよび客車利用してチャーター列車などを本線で運行しており、Class 33も保有しています。塗装はBR Maroonに近いマルーン色(たぶんちょっと明るめになっていると思う)で、Heljanから何種類か製品化されています。

f:id:giovanni_ihatov:20220122092406p:plain

ベースとなるマルーン色と、警戒色そしてカンパニーロゴの黄色が美しくマッチしていて、今回Accurascaleから出ることになったMk2bだけでなく、BR Maroon塗装のMk1などをつないでもよく似合いそうです。ディーゼル列車として使うもよし、蒸機列車の補機として使うもよし。現役の運用機ならではの楽しみ方ができます。

 というわけで、Accurascale Mk2b WCR塗装の予約とともに、TMC (The Model Centre)に残っていたHeljan Class 33 33025 West Coast Railways Liveryを購入しました。

全体はこんな感じ。マルーン色がとてもきれいです。

f:id:giovanni_ihatov:20220120235944j:plain

f:id:giovanni_ihatov:20220120235116j:plain
f:id:giovanni_ihatov:20220120235418j:plain

Heljanは初めてだったのですが、色合いもよく、ステーやドアハンドルは金属製の別パーツだったり、グリルもエッチングメタルだったりで、仕上がりは上々。そしてなんといってもこのフロント下部のパイプ。

f:id:giovanni_ihatov:20220120235545j:plain

これらのねじ式連結器とパイプ類は全て取り付けられた状態で出荷されているので、自分でパーツをつける必要がありません。ただ裏を返せば、NEMポケットに連結器をつけるために、このパーツを取らないといけないことを意味します。片側に関しては干渉しそうなパイプ類を泣く泣く根本からカットしてTension Lock Couplingを取り付けました。

f:id:giovanni_ihatov:20220120235640j:plain

DCCサウンドデコーダーの取り付け

蒸機サウンドに関しては、YouChoosから購入することが多いのですが、今回はディーゼルということもあって、初めてRoads and Railsから購入してみました。以前スピーカーを取り寄せたことがあるのですが、いつの間にかDCCサウンドデコーダーも販売するようになっていて、YouTubeにサンプル動画が多数投稿されています。

f:id:giovanni_ihatov:20220122084106p:plain

Class 33のページにはSWD(South West Digital)とJamie Goodmanの2種類のサウンドが紹介されていました。またClass 33に関しては取り付け動画も投稿されています。

サウンドの確認もさることながら、このような取り付け動画があることで、空きスペースに適したスピーカーの種類と取り付け位置を確認できるのは、とてもありがたいことです。

というわけで、ほぼ上記の動画をなぞる形で取り付けを行いました。今回のポイントはデコーダーやスピーカーの取り付けではなく、ボディシェルの取り外し。動画の説明にあるように左右2箇所ずつのツメで固定されているのですが、結構かっちり嵌め込まれているので、取り外しはややコツがいります。

ボディシェルの取り外しによく使っているのは、このギターピックです。

f:id:giovanni_ihatov:20220122083450j:plain

  1. まず一番薄い黒のギターピックを挿し込んで、
  2. 次にその上に滑らせるようして、少し厚みのある黄色のギターピックを重ねるように挿しこみます。この段階でツメから外れた状態になります。
  3. 最後に使わなくなったプラスチックカード(これはなんでもよい)を挿し込んで、ギターピックをはずします。
f:id:giovanni_ihatov:20220122084601j:plain
f:id:giovanni_ihatov:20220122084622j:plain
f:id:giovanni_ihatov:20220122084710j:plain

ツメで止まっているところにこの作業を順番に繰り返していくと、やおら外れるという感じです。ギターピックがいっぱいあれば、3の手順は要らないかもですね。

ボディをはずした状態ではこんな感じ。写真は既に走行用デコーダーを載せた状態ですが、シンプルな基板に8pinインタフェースが見えます。

f:id:giovanni_ihatov:20220117202022j:plain

加工するところは1箇所。スピーカーを載せる場所にパーツの足が出っ張っている(写真左赤矢印)ので、ニッパでカットします(写真右)。

f:id:giovanni_ihatov:20220117203331j:plain
f:id:giovanni_ihatov:20220117203541j:plain

ここにBlackTagでスピーカーを固定。デコーダーは中央付近の基板上に置いてケーブルととともにテープで固定します。27mm Round Bass Enhanced Speakerは初めて使うのですが、確かにこの薄さ(7mm厚)であれば問題なさそうです。

f:id:giovanni_ihatov:20220117204800j:plain
f:id:giovanni_ihatov:20220117204953j:plain

試運転は以下の動画にてご覧ください。

Jamie Goodmanの方を選んだのは、この不規則なエンジン音がいかにも"らしい"感じ(YouTubeで見ているだけで実際に聞いたことがないので、ホンモノらしいかどうかはさておき)がしたからなのですが、まったく期待通りのサウンド。スピーカーも、あのサイズにしては十分な音量と低音が出ていて恐れ入りました。

このあともHeljanのディーゼルシリーズが続くので、楽しみです。

Llancot Railway 2022計画

あけましておめでとうございます。Llancot Railwayもスタートから3年と10ヶ月が過ぎ、だいぶ落ち着いてきた感もありますが、まだまだやりたいことが尽きないのがこの趣味のいいところ(?)。2022年もゆるゆるとやっていきたいと思います。

車両関係

今週Hornby 2022 Rangeの発表がありましたが、一方でPre-orderしたまま発売待ちの2021 Rangeもあったりします。

  • LNER Farewell Tour Mk3 Coaches

    f:id:giovanni_ihatov:20220122232803p:plain

  • Midland Pullman HST & Mk3 Coacches

    f:id:giovanni_ihatov:20220122232550p:plain

    f:id:giovanni_ihatov:20220123204942p:plain

  • BR 9F Class 2-10-0 92220 'Evening Star'

    f:id:giovanni_ihatov:20220122232940p:plain

さすがに2回目の越年は避けたいところ。結局2022 Rangeからは1両だけ予約しました。

そうです。なんとSmoke Generator付きの製品が登場するようです(ん?Steam Generator?)。どんな感じかは、以下の2022 Range発表会のビデオを見てもらえるとデモ動画(48:02-)が出てきます。

デモ動画を見る限りでは、煙の出方がSuetheのようなオイルを使ったものではなく、以前Hornby Magazineでも紹介されていたTRS Trainsの水を使ったもの似ています。

Hornbyのデモ動画も煙はサウンドと同期しており、完成品として出るのであれば、英国鉄道模型としてはなかなか画期的なことではないかと思います。しかも価格がRRP £249.99で、DCCサウンドとSteam Genarator付きでこの値段だとすると、Hornbyの値上げ攻勢の中では破格のお値打ち品なのでは。価格については正直半信半疑ですが、肝心のSteam Generatorの仕様も含めて詳しいことは待て次号という感じでしょうか。

このほかにPre-order中で発売待ちSteam Engineは、以下の2両。

昨年はHattons Genesis Coachが発売されることを見込んで、積極的に蒸機集めをやった(そして見事に肩透かしを喰らった)のですが、今年はDiesel Engine Yearにしたいと思っています。先日その第一弾 Class 33/0 33025 West Cost Railways Liveryがやってきました。

さらに以下の5両の増備を計画しています。

そして忘れてはいけないのが今年もやります日本型。昨年末からIORI工房さんの鉄道院基本形ホハ6810の製作を始めています。

これに合わせる形でトラムウェイの8620形の導入を検討中。日本型の蒸機は初めてで、英国型のレイアウトに合わせてどう見えるのかは楽しみなところです。

レイアウト関係

今年の大きなプロジェクト...というか目標はOO-9レイアウトの製作です。なんといっても日本のKATOからOO-9の英国蒸機が出ることが大きいですが、それに合わせて製作されたOO-9のデモレイアウトにすっかり魅了されました。

「これは自分で作らない手はないやろ」ということで、今年着手するべく昨年から構想を進めています。

f:id:giovanni_ihatov:20220113230403p:plain

f:id:giovanni_ihatov:20220113230423p:plain

まだまだベースボードのサイズも仮の状態ですが、焦らずゆっくり楽しみながら進めたいと思います。

それでは今年もどうぞよろしくお願いします。