Little Paddington Railway第1期工事(その4)

Rolling Stocks

さて何を走らせようか。

初めは最近GWRでデビューしたばかりでHornbyの今年の目玉商品であるClass 800I IETとかも考えたのですが、5両編成で全長1706mm。とてもいまのレイアウトに向いていると思えません。以前UKで乗った保存鉄道やらたまたま駅で見かけた気になる機関車(Class 37おまえのことだ!)から始めることにしました。なので、ノリとしては保存鉄道ミニチュア版という位置付けです。

車両はすべてHatton’s Model Railways (http://www.hattons.co.uk/)で購入しました。Hatton’sがなかったらとても揃えられなかったでしょう。中古品も含めた豊富な在庫には驚かされます。多くの動力車についてはDCC fittedやOlivia’s Trainsのサウンド付きのDCC fittedのオプションが選べるので、簡単にDCC対応、あるいはサウンド付きDCC対応のものが入手可能です。

Locomotives

Steam Locomotives

Bachmann 32-131 Class 45xx 2-6-2 Prairie tank 4539 in Great Western green
DCC, Olivia’s Trainsのサウンド付きです。
f:id:giovanni_ihatov:20180415141001j:plain

Diesel Locomotives

Bachmann 32-370 Class 37/4 37405 in DRS Compass blue
こちらもDCC, Olivia’s Trainsのサウンド付きです。
f:id:giovanni_ihatov:20180430115400j:plain

Coaches

Mk1

Bachmann 39-026G BR Mk1 SK 2nd Corridor in BR Maroon
f:id:giovanni_ihatov:20180415141245j:plain

Bachmann 39-076F BR Mk1 BSK Brake Second Corridor in BR Maroon
f:id:giovanni_ihatov:20180415141439j:plain
Bachmann 39-151C BR Mk1 FK W13127 1st Corridor in BR Maroon
f:id:giovanni_ihatov:20180415141134j:plain
Bachmann 39-261B Mk1 RMB Miniature Buffet W1816 in BR Maroon
f:id:giovanni_ihatov:20180415141332j:plain
Hornby R4708 Mk1 SK Second Corridor W24540 in BR chocolate & cream
f:id:giovanni_ihatov:20180415141702j:plain
Hornby R4709 Mk1 CK Composite Corridor W15061 in BR chocolate & cream
f:id:giovanni_ihatov:20180415141531j:plain
Hornby R4822 Mk1 BSO Brake Second Open W9264 in BR chocolate and cream

f:id:giovanni_ihatov:20180415141749j:plain

Mk1に見るBachmannとHornbyの違いについて

Bachmann、HornbyともにMk1 Coachを出していますが、何がどう違うの?というのは結構謎でした。今回は半々ぐらいそれぞれ買ってみて違いを見てみました。

f:id:giovanni_ihatov:20180324091144j:plain

ざっくり言うと、Bachmannの方幾分造形が細かい気がします。例えば屋根のパイプ表現ですが、Bachmann(右側)は別パーツで成形していますが、Hornby(左側)は一体成形だったりします。

f:id:giovanni_ihatov:20180504155731j:plain

妻面のレタリングも微妙にBachmannの方がやや細かい。

f:id:giovanni_ihatov:20180504161540j:plain

Couplingのつけ方もちがいます。Backmann(上側)は台車とは独立していてきついカーブのときに伸びるような仕掛けがありますが、Hornbyが台車に直付け(下側)です。ただいずれも2nd Radius程度の通過は問題ありません。

 

f:id:giovanni_ihatov:20180504173234j:plainf:id:giovanni_ihatov:20180415142337j:plain

車重もBachmannは重量感があり、Hornbyは軽めです。

じゃあBachmannの方がいいの?というと、例えば窓枠の凹凸。Bachmann(上側)が彫が深めでHornby(下側)の方が浅いです。スケールを考えるとHornbyの方が忠実ですが、どちらがいいかは好みの問題かもしれません。なので、どちらがいいということはないのですが、同じ形式のものはメーカーを揃えた方が無難とは思いました。

f:id:giovanni_ihatov:20180415142931j:plain

f:id:giovanni_ihatov:20180415142954j:plain

(つづく)